留学!でも大切な機会はすぐ側にある

薬学部 薬学科 講師:近藤 雪絵

憧れていた「留学」

私は英語教員としては珍しく、学部や大学院での留学の経験がありません。そのことは、卒業してからもずっと心残りとなっていました。このメールマガジンを読んでいる皆さんの中には留学すべきかまだ迷っている方もいらっしゃると思いますが、「出来ない事情」がないのであれば、是非実行してください。

とはいえ、語る経験が何もないわけではありませんので、ワーキング・ホリデー制度を利用し、ニュージーランドでダンス講師として働いていた経験をお話します。

続きを読む 留学!でも大切な機会はすぐ側にある

Ups and Downs (4)

生命科学部 准教授:木村 修平

2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件以降、アメリカ社会の雰囲気はガラリと変わったように思えました。街のあちこちに”United We Stand”(我々は団結する)というスローガンが掲げられるようになり、ちょうど同年1月の大統領選で政権に返り咲いた共和党のジョージ・W・ブッシュ大統領の支持率は90%を超え、アメリカは強硬な姿勢で「テロとの戦い」に大きく舵をきろうとしていました。そうした変化を肌身で感じながら、私の留学生活は後半戦を迎えていました。

続きを読む Ups and Downs (4)

UCDavisはきっかけ

生命科学部 応用化学科3回:神鳥 浩司

Aggie Stadium
Photo from Wikipedia

このプログラムを終えて、今、感じることは、アメリカでの経験が視野を広げてくれたということです。普通の語学留学では得ることのできない、現地の大学に実際に通っての生活、ホストファミリーとの生活、毎日英語を話すという生活は、日本にいては絶対に味わうことはなかったと思います。

続きを読む UCDavisはきっかけ